情報学環HPへ

角川文化振興財団メディア・コンテンツ研究寄付講座によるサマープログラムは2016年夏の第3回を持って終了いたしました。 ご応募くださった皆様、ご参加くださった皆様、講師を務めてくださった方々、ご協力くださった皆様、 そして角川文化振興財団の寛大なるご支援に、心より感謝申し上げます。

The Kadokawa/ University of Tokyo Media Content Research Project has completed its "Summer Program" offerings. We would like to thank participants and applicants as well as lecturers for their contribution, and extend our gratitude to the Kadokawa Culture Promotion Foundation for their generous support.

To Study the Amusement Media

アミューズメント・メディアを学問する。

About the Project
東京大学大学院情報学環は、一般財団法人角川文化振興財団からの寄付により、アミューズメント・メディアを学問的に研究するための、 「角川文化振興財団メディア・コンテンツ研究寄付講座」を開設いたしました。
現在、マンガ、アニメ、ゲームをはじめとする日本の文化的コンテンツは、世界で大きな注目を浴びています。 一方でこれらの分野について、大学ではかならずしも学問的に深い研究が十分になされてきたとは言えません。 本寄付講座は、東京大学がこれまでに蓄積してきた文化研究の方法を学際的に組み合わせ、 第一線のクリエーターやコンテンツ産業の現場の担い手とコラボレーションし、アミューズメント・メディアを学問的に研究するための、 新しい学術領域の開拓をめざします

The University of Tokyo Graduate School of Interdisciplinary Information Studies (GSII) has opened the Kadokawa Culture Promotion Foundation Media-Content Research Project with the donation of the Kadokawa Culture Promotion Foundation to study the field of the amusement media from an academic standpoint.
Nowadays, cultural content of Japan, such as manga, anime, and video game, draw a wide attention from around the world. However, this field is studied in depth in terms of academic research. In view of such situation, the Project aims at frontiering a new academic field of the study of amusement media by interdisciplinarily combining the methods of cultural studies accumulated in the University of Tokyo as well as by collaborating with leading creators and proponents of the content industry.

Copyright (c) Interfaculty Initiative in Information Studies, the University of Tokyo

東京大学大学院情報学環 角川文化振興財団 メディア・コンテンツ研究寄付講座

角川文化振興財団メディア・コンテンツ研究寄付講座によるサマープログラムは2016年夏の第3回を持って終了いたしました。 ご応募くださった皆様、ご参加くださった皆様、講師を務めてくださった方々、ご協力くださった皆様、 そして角川文化振興財団の寛大なるご支援に、心より感謝申し上げます。

The Kadokawa/ University of Tokyo Media Content Research Project has completed its "Summer Program" offerings. We would like to thank participants and applicants as well as lecturers for their contribution, and extend our gratitude to the Kadokawa Culture Promotion Foundation for their generous support.

To Study the Amusement Media

アミューズメント・メディアを学問する。

About the Project

東京大学大学院情報学環は、一般財団法人角川文化振興財団からの寄付により、アミューズメント・メディアを学問的に研究するための、 「角川文化振興財団メディア・コンテンツ研究寄付講座」を開設いたしました。
現在、マンガ、アニメ、ゲームをはじめとする日本の文化的コンテンツは、世界で大きな注目を浴びています。 一方でこれらの分野について、大学ではかならずしも学問的に深い研究が十分になされてきたとは言えません。 本寄付講座は、東京大学がこれまでに蓄積してきた文化研究の方法を学際的に組み合わせ、 第一線のクリエーターやコンテンツ産業の現場の担い手とコラボレーションし、アミューズメント・メディアを学問的に研究するための、 新しい学術領域の開拓をめざします

The University of Tokyo Graduate School of Interdisciplinary Information Studies (GSII) has opened the Kadokawa Culture Promotion Foundation Media-Content Research Project with the donation of the Kadokawa Culture Promotion Foundation to study the field of the amusement media from an academic standpoint.
Nowadays, cultural content of Japan, such as manga, anime, and video game, draw a wide attention from around the world. However, this field is studied in depth in terms of academic research. In view of such situation, the Project aims at frontiering a new academic field of the study of amusement media by interdisciplinarily combining the methods of cultural studies accumulated in the University of Tokyo as well as by collaborating with leading creators and proponents of the content industry.

Kadokawa Culture Promotion Foundation Media-Content Research Projevt