iii Digital Studies Conference 2016
情報学環『デジタル・スタディーズ討議 2016』

Dream and Power in the Digital Age

デジタル時代の〈夢〉と〈権力〉

スリープ・モードの浅い眠りの下で駆動しつづける夢の機械状ネットワーク・・・。デジタル・テクノロジーはいまやヒトの〈夢の領域〉へ侵入し、〈24/7〉の生の管理を貫徹しようとしている。

自動化するハイパー・コントロール社会において、〈ヒト〉の意識、身体、記憶の再-布置化は可能なのか?予測不可能なカタストロフィーに脅かされ、コミュニケーションが感染化する社会において、個と集団、労働と生、時間-空間の、リビドー経済的- 政治経済的な再-組織化の条件とは何か?

『デジタル・スタディーズ1 メディア哲学』『デジタル・スタディーズ2 メディア表象』、『デジタル・スタディーズ3 メディア都市』(東京大学出版会 2015)全三巻刊行を記念し、内外の代表的理論家・クリエータ−を迎えて「デジタル時代の〈夢〉と〈権力〉」を徹底討議する。

開催日
2016年3月12日(土) - 13:00 ~ 18:00
2016年3月13日(日) - 13:00 ~ 18:00
(開場は両日とも12:30)
会場:
東京大学本郷キャンパス 福武ホール B2(福武ラーニングシアター)
使用言語:
日本語 / フランス語(日仏同時通訳付き)
申込み:
事前登録は締め切りました。
会費:
無料
資料代:
1,000円(希望者)
主催
東京大学大学院情報学環メディアコンテンツ研究機構
共催
東京大学大学院情報学環駒場
プログラム
第一日目 2016年3月12日(土)
総合テーマ

デジタル現象とメタ美学

導入講演
13:00 ~ 13:30
石田英敬(東京大学)
デジタル時代の〈夢〉と〈権力〉
基調講演
13:30 ~ 14:30
ベルナール・スティグレール(ポンピドゥーIRI)
自動化社会
ラウンド・テーブル1
14:45 ~ 16:15
藤幡正樹(アーティスト)
藤幡正樹作品 アナルシーヴ: デジタルアートのアナルケオロジーのために
ラウンド・テーブル2
16:30 ~ 18:00
三輪眞弘(IAMAS)+佐近田展康(名古屋学芸大)
フォルマント兄弟の15年: デジタル・ボイスの器官学のために
第ニ日目 2016年3月13日(日)
総合テーマ

ハイパー・コントロールと自動化社会

オープニング・アドレス
13:00 ~ 13:40
キム・ソンド(高麗大学校)
『感染』の超域研究のために: 記号学—人類学的アプローチの視座
ラウンド・テーブル3
13:45 ~ 15:15
伊藤守(早稲田大学), 吉見俊哉(東京大学), キム・ソンド
破局・感染・記憶
ラウンド・テーブル4
15:30 ~ 17:00
ベルナール・スティグレール, 北野圭介(立命館大), 西兼志(成蹊大)
ハイパー・コントロールと自動化社会
総括セッション
17:00 ~ 18:00
Program
1st Day - Saturday, March 12 2016
General theme

Digital Phenomena & Meta-Esthetics

Introduction
13:00 ~ 13:30
Hidetaka Ishida (U-Tokyo)
Dream and Power in the Digital Age
Keynote
13:30 ~ 14:30
Bernard Stiegler (IRI-Pompidou)
Automatic Society
Round Table 1
14:45 ~ 16:15
Presentation: Masaki Fujihata (Artiste)
Anarchive for Masaki Fujihata’s Work: Toward an Anarcheology of the Digital Art
Round Table 2
16:30 ~ 18:00
Presentation: Masahiro Miwa(IAMAS) & Nobuyasu Sakonda (NUAS)
The 15 years of the Formant Brothers: Toward an Organology of the Digital Voice
2nd Day - Sunday, March 13 2016
General theme

Hyper Control and Automatic Society

Opening Address
13:00 ~ 13:40
Kim Sungdo (The Korea University)
‘Contagion' une recherche transdisciplinaire: une perspective sémio-anthropologique”
Round Table 3
13:45 ~ 15:15
Mamoru Ito (Waseda Univ.), Shunya Yoshimi (U-Tokyo),Kim Sungdo
Catastrophe Contagion Memory
Round Table 4
15:30 ~ 17:00
Bernard Stiegler, Keisuke Kitano (Ritsumeikan Univ.), Kenji Nishi (Seikei Univ.)
Hyper Control and Automatic Society
Closing Session
17:00 ~ 18:00